天然魚と養殖魚の違い

最近では、たくさんの魚が豊富です。
天然魚と養殖魚は栄養面で何か違いはあるのでしょうか。
アユ・マダイ・ヒラメのそれぞれの数値を比べると、
タンパク質やミネラル類には差がないが、
脂質については、マダイ・ヒラメの場合、養殖魚は約2倍、
アユに至っては3倍の含有量と言われています。
「養殖魚は天然ものよりも劣る!」と言われますが
養殖魚の運動不足と脂質含有の多さによる。
運動が少なければ当然筋肉に締まりがなくなって、
身が柔らかいと感じ、脂質が多ければ脂っこく感じます。
みなさんはどちらが好みですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ビール健康法

次の記事

千秋楽